happy prince

artist: Letting Up Despite Great Faults

title: Paper Crush

catalog no: HPPR034

release date: 2011.6.15

price: ¥1,575(税抜¥1,500)

media: CDEP

デビュー・アルバムが記録的なロング・セラーとなり、2011年4月に行われた初来日公演も記憶に新しい、ロサンジェルスのLetting Up Despite Great Faultsが2ndアルバムを前にして、5曲入りEPをリリース! ソリッドなギターとシンセ・サウンドを中心として、より構築された楽曲でありながら、彼ら独特の甘酸っぱさは相変わらず。2ndアルバムに残しておかないのがもったいないくらい、良曲揃いの充実作です!!

1. Repeating Hearts

2. Sophia in Gold

3. Teenage Tide

4. I Feel You Happen

5. Aurora

(税込/送料込)

デビュー・アルバムが発売を経て、1年ほどの間、店頭で試聴機に入り、面出しされているという異例のロングセラーとなっている、ロサンジェルス出身のLetting Up Despite Great Faultsによる、2ndアルバムに先駆けての新作EP。全曲新曲で、どれも2ndアルバムに入らないのかと思うと、もったいないほどのクオリティー。甘酸っぱさと同時に、良い意味でチープさも感じられたデビュー・アルバムから、バンド・サウンドがよりソリッドになったギター、豊かな表現力を増したシンセを中心に確固たるアンサンブルを形成し、成長を裏付ける。2ndアルバムでの飛躍と成長を約束させる、ファンへのプレゼントのような傑作EP!!

Letting Up Despite Great Faults

■Profile

ロサンジェルス出身、地元を中心にゆっくりと活動を進める。2006年には自身のレーベルNew Wordsから7曲入りEP『Movement』をリリースし、次第にライヴ活動も活発となる。バンドが一躍脚光を浴びたのが、2009年10月に、同じく自身のレーベルNew Wordsからリリースした、セルフ・タイトルとなるアルバムで、エレクトロ・シューゲイズとバンド・サウンドを見事に融合し、チープさとハードなダイナミズムの絶妙なバランス感覚と、何よりもそのポップなメロディー・センスで、Pitchfork、Rolling Stoneなどで大絶賛を浴びた。日本国内でも、Amazonで在庫切れ状態、専門店で多少流通している程度という悪条件の中、インディー・ポップ・マニアに大絶賛を浴び、ブログなどで話題沸騰となった。同作は、2010年4月にhappy princeよりライセンス・リリースされ、記録的なヒットを達成。2011年4月に行われた初来日公演で与えた鮮烈な印象も記憶に新しい。

http://www.lettingup.com/