happy prince

artist: The Bird Ensemble

title: Evensong

catalog no: HPPR017

release date: 2009.11.18

price: ¥2,300(税抜¥2,190)

media: CD

リリカル・ポストロックの伝道師、ザ・バード・アンサンブル、待望の2ndアルバム!! The Album Leaf、Epic45に通ずるメロディックでミニマルかつメロウな旋律が織り成す幾多ものレイヤー。miaou、百景、Euphoriaなど国内組ポストロック・ファンにも訴える普遍作!!

「この『イーヴンソング』を聴いて、海の彼方の水平線に沈む夕日を思い出した。僕にとって、大切な思い出が詰まった懐かしい風景だ。彼らの音楽は、そんなある種のノスタルジーとともに、心の奥深くにある穏やかさ、希望を感じさせてくれる、とても素晴らしい時間を与えてくれる。」
――田中謙(百景)

1. Bop Bop (in memoriam)

2. A Fool's Errand

3. The Glamour of Noble Poses

4. Oaxaca Variation No.1

5. The Wayside

6. Broken Fields

7. We Draw a Line through the Sky

8. Canopy Summer

9. Suns Set

2008年9月に本作と同じくHappy Princeより国内ライセンス・リリースされた、"Migration"が日本国内でも高い評価を得た、ミニマル&リリカル・ポストロックの伝道師、The Bird Ensemble。アメリカ伝統のミニマリズム、Do Make Say ThinkなどのConstellationレーベルやArco Flute FoundationなどのMusic Fellowshipレーベルが体現していた、「ポストロックが最もミニマリズムに迫っていた時代」のサウンドを継承しつつも、miaou、百景、Euphoriaといった国内組ポストロック・バンドが持つ、ラッシュするようなメロディーの束は、本作でも健在。轟音ポストロックとは対極にあるが、日本で最も受け入れられている種類のポストロックとして、もはや真打ち的存在となった、彼らの2ndフル・アルバムは、紛れもなく前作のファンはもちろん、新しいファンも獲得するメロディーに溢れています!!

The Bird Ensemble

■Profile

2005年にアメリカはテネシー州ナッシュビルのベルモント大学で出会った、Michael Hix (ギター)とKyle Williams (ギター)によって始められたプロジェクト。固定のメンバーを抱えたバンドというよりは、自由な発想とメンバー個々の平等な権利を掲げた集団の在り方を目指し、活動している。2007年に自主制作で発表されたデビュー・アルバム"Migration"は、悪流通ながらもコアなポストロック・ファンの評判を呼び、同作は、2008年9月にHappy Princeより国内ライセンス・リリースされた。その後、大学を卒業したこともあり、メンバー・チェンジを経て、ダウンロード限定EP "The Last Songbook"を発表。地元ナッシュビルのミュージシャン、Brandon Duncan (ドラムス)、Cara Pollock (キーボード)を加えて、ギターからドラムに転向していたMichael Hixもギターに復帰し、オリジナル・アルバムとしては2作目の"Evensong"の制作に着手。同作は、2009年11月にHappy Princeよりワールドワイド・リリースされる。Steve Reich、Philip Glass、William Basinskiなど、アメリカの伝統的なミニマリズムと、The Album Leafなどに通ずるメロディックなポストロックを統合したサウンドが代名詞。

メンバー:
Brandon Duncan - drums
Michael Hix - guitar
Charlie McClain - bass
Cara Pollock - keys
Kyle Williams - guitar